0
0
0

楽器の品揃え日本最大級!ギター、管楽器、ドラムなど新品、中古楽器、欲しい楽器がお得に見つかる!

セール特価品を一挙大放出!『SUPER CLEARANCE SALE』 楽器買取 U-BOX・中古楽器検索UBOX
YAMAHA、Roland、KORG、CASIO「サスティンペダルの極性って!?

「ペダルを踏んでないのに、音が伸びてる!」

こんな経験はありませんか!?

本来は、ペダルを踏んだ時にサスティン(音が伸びる)がかかって、離した時にはかからないものですが、逆の作用が起こることがあります。

キーボード用のサスティンペダル(ダンパーペダル)には、2種類の極性がありメーカー、機種によって異なります。

YAMAHAとROLANDが同じでKORGは逆と言われています。

多くの場合は、YAMAHAのペダルがROLANDのキーボードで使えることになりますが最良の方法は、純正のものを使用することです。

極性が同じでも機種によりその限りではないからです。

最近では、この「極性」がペダル側で切り替えられる便利な商品もあります。

M-AUDIO/ SP-2

M-AUDIO/ SP-2

機種を問わず使用でき、便利です。

【各メーカーの主なサスティンペダル】

YAMAHA

ROLAND

KORG

CASIO

◆「極性が違った!」そんなときは・・・

1、ペダルを踏んだ状態で、電源を入れてみる。

→電子ピアノやファミリーキーボードの場合、電源投入時に極性を自動的に判定する構造のものもあります。

2、キーボード本体に「極性切り替え」の機能がないか調べる。

RolandのFantomシリーズやClavia/NORDシリーズのように、本体の設定項目で極性の設定を変えられる機種もございます。お手持ちの取扱説明書をご覧ください。

最近チェックした商品